金属板を折り曲げて連なる通称「巻きブレス」。
1960年代後半から1970年代後半まで採用された。
サイズ調整の際には、折り曲げられた金属板を剥がすように行なうため、
コマに折れ痕やヒビ割れ、コマとコマの隙間が開く伸び等が見られる現存ブレスが多い。
こちらのブレスレットはコマとコマの間の隙間が少なくとても良いコンディションを保っている個体です。

Ref:7835
FF(End link):361
19mm
1971year’s
¥198,000-

FF(End link):361は、非常にレアなパーツです。

1971年製を現す刻印もはっきり残っておりコンディションも非常に良い状態。

伸びが少なくとても状態が良いためブレス単体でもしっかり自立できます。

クォーク ラボでは、ロレックス以外の人気ブランド時計やヴィンテージパーツなど取り扱う予定です。
入荷したての商品や当日の商品構成など、Instagramやブログでリアルタイムに情報をお送りします。
皆様のご来店お待ちしております。